映画館で罠にハメられた風紀委員長のあらすじ。巨乳jkヒナタが犯される!

映画館で罠にハメられた風紀委員長のあらすじ

映画館で罠にハメられた風紀委員長のあらすじはトップページにも書きましたが、もう一度詳しくご紹介します。

映画館で罠にハメられた風紀委員長の主人公ヒナタは巨乳の美人jkです。

学生としては楽しくキャンパスライフを送っていましたが、親がクズで家庭に問題を抱えていました。

父親は浪費癖が激しく貯金できないどころか借金までして遊ぶ人でした。そのため家庭は貧困に陥り主人公ヒナタもアルバイトをしないとならなくなりました。

主人公ヒナタの高校はバイト禁止です。

でもお金に困っている母親をみた主人公ヒナタはアルバイトがしたいので担任の先生に相談しました。

すると担任の先生は本当ならバイトはだが、特別に私がバイトを紹介してあげようといいます。

そのバイトは映画を見て感想を書くと言う話です。映画モニターだとか。

しかし、映画モニターの割に給料が高く事前の誓約書がたくさんありました。

お金が欲しい主人公ヒナタは渋々誓約書に署名してアルバイトをする事にしました。

アルバイトは映画をみて感想を書くのですが、当日映画館に行って席に付くとなぜかシートベルトをさます。

車じゃないのになぜ?

映画を見ながら主人公ヒナタは自分がおかれている状態が異常な事に気が付きます。

不安に思った主人公ヒナタはシートベルトをはずそうとしてもハズレません。

どうやらこのシートベルトは映画が終わるまで外れないようです。

そこうしていると両隣の男がななせのスカートをまくりあげて脚を開いてパンツに手を入れてマンコをいじりだします。

そしてココからななせのアルバイトは映画観賞ではなく、男にレイプされるに任務が変更されます。

こんな仕事だったらやらなかった・・・

そう思っても時既に遅し。

巨乳の美人jkは汚いおじさん達に犯されていきます。

【文学女子に食べられる2】